うつ病ガイド

うつ病ガイド トップ > うつ病の診断

うつ病の診断

最近のうつ病の診断には、「DSM-Ⅳ」というマニュアルが多く採用されています。
これは症状の程度と持続期間によって、重症のうつ病「大うつ病」、軽症のうつ病(気分変調障害)に分けて診断方法が決められています。

大うつ病の診断

下記の9項目のうち5項目以上が、1週間以上にわたって続く場合に診断されます。
(ただし、5項目の中に1か2が含まれること。)

  1. 抑うつ気分(ゆううつで不安、イライラした気分)がほとんど一日中続くような日が、そうでない日よりも多く、少なくとも1年間同じような状態が続いている。
  2. 1.で述べた抑うつ状態に加え、下記の6項目の症状のうち少なくとも2項目以上が、1年も2年も続いている。
  3. 特に食事療法をしていないのに体重が減少したり、増加したりする(例えば一ヶ月で体重の5%以上の変化が見られる)。または、食欲がなくなったり、増進したりする。
  4. 十分な睡眠がとれなかったり睡眠過多になったりするのがほとんど毎日続いている。
  5. すごくあせってイライラしたり、まるで元気がなくなったりする状態が、ほとんど毎日続いている。
  6. 理由もないのに疲れやすくなったり、気力が減退したりする状態がほとんど毎日続いている。
  7. 自分は全く価値のない人間だと深く思ったり、自分はとても罪深い人間だと思い込んだりする状態がほとんど毎日続いている
  8. 思考力や集中力がなくなって、何かを判断したり決断したりする能力がなくなる状態がほとんど毎日続いている。
  9. 死について繰り返して考えるようになった。特別な計画はないが自殺したいと繰り返し思ったり、どうやって死のうかと計画を立てたり考えたりする。

軽症うつ病の診断

次の2点に当てはまる場合に、軽症うつ病の可能性が高いと診断されます。

  1. うつうつとした気分がほとんど毎日続いている。
  2. 何をしても、興味をもって取り組めないし、喜びも感じられない。そんな気分がほとんど毎日続いている。
    • 食欲減退かまたは過食
    • 良く眠れない不眠か、寝すぎてしまう過眠
    • 気力の低下、または疲労
    • 自尊心の低下
    • 集中力の低下、または決断困難
    • 絶望感

現代のうつ病の特徴「軽症化」

以前は、うつ病になると外出できず、何もできなくなるという患者さんが大半でした。
しかし現在は、(つらいけれども)会社や家庭で何とか仕事をこなしているが、軽いうつ状態が2年も3年も続くといった新しいタイプの患者さんが増えてきています。