うつ病ガイド

うつ病ガイド トップ > うつ病になりやすい人とは

うつ病になりやすい人とは

現在は、誰もが複数のストレスを持っている時代であり、誰もがうつ病と無関係とはいえません。
しかし、うつ病になりやすい性格や素因というものもあります。

うつ病になりやすい性格・素因

  • まじめで仕事熱心。
  • 完全主義で几帳面。
  • 仕事や家事を人任せにできない。
  • 融通がきかない(思考が柔軟性に乏しい)。
  • 人にどう見られているか非常に気になる。
  • 女性(男性の約2倍の頻度)。
  • 子供の時にトラウマを経験。
  • 都会暮らし。
  • 慢性的な身体疾患。
  • 頼りになる友人がいない。
  • 慢性的なストレス状態。

このように見ていくと、真面目で完璧主義や、内向的な人が思い浮かびますが、このようなタイプは日本人には比較的多いかもしれません。
実際、頑固で几帳面、まじめな人は仕事もできそうですし、周りからも信頼されそうです。
しかし、いざ自分に立ち返って考えてみると、周りのいい加減さに腹をたてたり、いらだったり、周りからの期待にこたえようと頑張りすぎる傾向があります。

女性のほうがうつになりやすい

女性の方が男性よりもうつ病の危険が高い傾向があるといわれています。
これは女性が男性よりもストレスを受けやすい環境を持っているためです。
女性は妊娠、出産という特有のライフイベントがあります。
それ自体も人生の大きなストレスですが、その前後には体内のホルモンのバランスも急激に変化し、うつには不利な環境となってしまいます。
また、働きながら育児、家事をこなしたり、職場で男性と対等の地位を得るために、男性以上の働きをしなくては…というプレッシャーもストレスを受けやすい環境といえるでしょう。

うつになりやすいとわかったら

うつになりやすい性格や素因を持っている人は、自分なりのストレス解消法を見つけることも大切です。
うつ病は仕事や家庭などのストレスがきっかけとなって発症するため、ストレスのかかる環境はうつ病には要注意です。
ストレスが過度の状態になるとやがてダムが決壊するかのようにうつ病を発症してしまうのです。
普段から軽い運動やカラオケ、マッサージなど自分なりのストレス解消法を見つけておくとよいでしょう。

もしうつ病が疑われたらすぐ専門家に相談しましょう
うつ病は女性に多いものの、自殺をするのは男性が多いといわれます。
これには男性は女性と比べて病院へ行くことに抵抗があり、未治療のままこじらせてしまう事も関係しています。
何よりもまず精神科に行き治療を受けるということが大切です。